交通事故 むち打ち
ホーム > 交通事故 むち打ち

交通事故 むち打ち

むち打ち

「むち打ち」は、車で後ろから追突されたり、衝突してしまった時に首が鞭(むち)のようにしなって起こる

症状を総称したものです。
「むち打ち」というのは俗名で、正式には頚椎捻挫外傷性頚部症候群と言います。

症状は人それぞれですが、首の後ろや肩の痛み、首や肩の動きが制限されるといった頚椎捻挫型が

むちうち症状の70~80%を占めています。

その他にも神経を圧迫して痺れがでたり、血流の低下が起きたり。

頭痛、めまい、吐き気、耳鳴り、疲労感などの不定愁訴が起きることもあります。

 

この様な症状は事故のあとすぐに出ることもありますが、翌日やもっと後から出てくることもあります

どちらの場合にせよ、適切な治療を事故後すぐに受けることをおすすめします。

 

 

那珂川町、春日市、大野城市、福岡市南区近辺でむちうち、交通事故の治療を受けたい方は、

那珂川町ののもと整骨院へ!

一人で悩まずに相談してください! Tel 092-951-1257